鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
可部線 延伸区間【2017年4月】
2017年3月4日、JR可部線の 可部~あき亀山 間が延伸開業しました。この開業は「日本で初めての、『いったん廃止されたJR路線の復活』」ということで注目を浴びたりもしました。
開業約1ヵ月後の4月1日に乗ってきました。


a0054016_19592018.jpg「乗ってきた」と言っても、延伸部分は約1.6kmなので、可部を出てちょっと走ったら終点「あき亀山」に到着。
駅自体は1面2線ですが、留置線も2本あり、思ったよりも広い印象。

a0054016_19591421.jpg駅前にあった「碑」(? なんて呼べば良いのでしょう)。
亀さんがかわいい。
さらによく見ればさりげなく配線図。

a0054016_1959949.jpgあき亀山駅からちょっと歩いたところには、旧可部線河戸駅の施設が移転されてきています。

a0054016_1959367.jpg時間があったので、隣駅の「河戸帆待川」駅までお散歩。
この駅にも「碑」が。

a0054016_1958577.jpg小さな駅前広場には帆船のオブジェが。
なぜこんな内陸部に帆船が、と思われた方は、「帆待川」で検索してみてください。ちょっとだけびっくりすると思います。

[PR]
# by teteg | 2017-04-02 20:02 | 鉄道おたく旅 | Trackback | Comments(0)
新年明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。
昨年末は、3順目の遍路歩きをどうにか2016年中に終了させようと思い、少々無理をしたかも知れません。そのせいで、大晦日の午後から熱を出してしまいました。発熱したのはすごく久しぶりでした。
安静にしていたのですが、いつまでたっても熱が下がらなかった(39度くらいだった)ので、ロキソニンのお世話になりました。日頃薬を飲まないせいか、効果抜群で、あっというまに平熱まで戻りました。
1月1日は、近所の神社に初詣に行き(おみくじ大吉でした!)、まったりとすごしています。
健康に気をつけて、1年を過ごしたいと思います。
[PR]
# by teteg | 2017-01-01 16:23 | 小ネタ | Trackback | Comments(0)
3巡目(逆打ち/2016/12/31_02):一番霊山寺
極楽寺からしばし歩いて、一番札所霊山寺に到着。
a0054016_14582133.jpg

a0054016_14581983.jpg



境内では、除夜と迎春の準備が行われていました。
a0054016_1458157.jpg

a0054016_14581273.jpg



これで、3巡目も終了。
最後のほうでちょっと急いだのは、申年の閏年中に、逆打ちを終了させたかったため(大変なご利益があると言われています)。もっとも、スタートしたのが2009年11月なので、申年も閏年も、あんまり関係がないといえばその通りなのですが。
やっぱり徐々に体力の衰えを感じた3順目逆うちおへんろでした。
[PR]
# by teteg | 2016-12-31 14:59 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(0)
3巡目(逆打ち/2016/12/31_01):三番金泉寺、二番極楽寺
昨日の脚の痛みも癒えないのに(というかより悪化している感じなのに)連荘でおへんろ。すごく良い天気で、階段を下る時以外は幸せな気持ちでした。

【三番金泉寺】
a0054016_14331829.jpg

a0054016_14331496.jpg


【二番極楽寺】
a0054016_14331050.jpg

a0054016_1433735.jpg

[PR]
# by teteg | 2016-12-31 14:34 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(0)
3巡目(逆打ち/2016/12/30_03):十一番藤井寺
柳水庵から先の道も、アップダウンがそれほどないので、快調に進んで行きます。こんな写真を撮る余裕があるくらい。
a0054016_14142521.jpg



やがて長戸庵に到着。順うちの場合、藤井寺から始まった急勾配がいったん終了し、ちょっと一休みとなるポイント。
a0054016_14142253.jpg



藤井寺まであと3kmあまり。あとはひたすら標高を下げていくのみ。
はじめは快調に進んでいたのですが、急な下りがずっと続くようになってから、脚ガクガク再び、です。「いつまで続くんや、この下りは」と何十回も思った頃、ようやく藤井寺の境内に到着しました。(写真は藤井寺にあるへんろころがしの入り口)
a0054016_14141945.jpg



ここまで、足をくじいたり、膝を痛めたりすることなく、無事到着できたことを感謝です。
a0054016_14141362.jpg

[PR]
# by teteg | 2016-12-31 14:16 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(0)
3巡目(逆打ち/2016/12/30_02):へんろころがし
というわけで、見晴らしの良い焼山寺を出発し、藤井寺に向かいます。
a0054016_1441722.jpg



順うちで来た場合、藤井寺からのアップダウンを繰り返し、いったん標高750mの一本杉庵まで登らされた後、標高400mの左右内の集落まで位置エネルギーを無駄遣いさせられ、最後の焼山寺までの登りが、いままでなかったような急勾配&悪路という、とんでもないルートとなっています。
今回は逆うちなので、焼山寺から左右内までの急坂は「下り」になり、余裕余裕とか思っていたのですが、長い下り坂は脚へのダメージが大きく、左右内まで降りた段階で、脚ガクガクでした。
その次に待っているのは、急な登り。途中で太ももやふくらはぎが超だる痛くなって、亀さんのようなスピードで進んで行きます。
やがて傾斜が緩くなったなと思ったら、一本杉庵が見えてきました。ここがへんろころがしの最高地点となります。
a0054016_144157.jpg



一本杉庵からは、アップダウンが比較的緩やかな下り基調の道が続き、なんなく柳水庵に到着。(写真は柳水庵近くにあるへんろ小屋の水場)。後の行程もだいたい下りなので、まあいけるんちゃうか、みたいな感じ。
a0054016_1441286.jpg

[PR]
# by teteg | 2016-12-31 14:05 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(0)
3巡目(逆打ち/2016/12/30_01):十二番焼山寺
ずっと放置していた十二番焼山寺、へんろころがし経由、十一番藤井寺までのハードモードをこなしてきました。
石井町の寄井からスタートし、鍋岩の集落から登り坂が始まります。急ぎすぎてばててしまわないように、意識してゆっくり歩き、まずは衛門三郎杖杉庵に到着。登っている時は汗ばみますが、休憩のために止まると、風が冷たいです。
a0054016_13433023.jpg



さらに登り続け、途中大きな休憩を取ることもなく、十二番焼山寺に到着。もう少し多くの人がいるかと思いましたが、予想外に閑散としていました。
標高150m地点から、標高700mあまりの焼山寺まで、それほど苦労せずにたどりついたので、「楽勝やん」などと思っていました。この時は。
a0054016_13432767.jpg

a0054016_1343251.jpg

a0054016_13432228.jpg

[PR]
# by teteg | 2016-12-31 13:44 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(0)
3巡目(逆打ち/2016/12/29):五番地蔵寺、四番大日寺
良いお天気だったので、午前中だけかるくお遍路。五番地蔵寺と四番大日寺に行ってきました。

a0054016_14545335.jpg

a0054016_14545133.jpg


飛ばしてしまっている焼山寺は、次回行くつもり。
[PR]
# by teteg | 2016-12-29 14:55 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(0)
動態保存の片上鉄道に乗ってきました【2016年11月】
a0054016_14112972.jpg
この吉ヶ原駅から、

a0054016_14112777.jpg
平成24年秋に開業したこの黄福柵原駅の間を、

a0054016_14112436.jpg
動態保存されている片上鉄道(平成3年廃止)の車両が、月に1回運転されていて、乗車することができます。

a0054016_14112128.jpg
一部の便は、黄福柵原駅まで行かず、その直前にあるこの信号場(?)で折り返す運転となります。私が吉ヶ原駅から乗った便は、信号場折り返し便でした。

a0054016_14111850.jpg
吉ヶ原駅でいったん降車し、古い車両を眺めながら、黄福柵原駅まで歩いてみます。

a0054016_14111599.jpg
10分程度で黄福柵原駅に到着。

a0054016_14111216.jpg
しばらく待って、やってきた列車に乗り込み、吉ヶ原駅に戻ります。これで完乗。

a0054016_1411382.jpg
次の便が踏み切りを通過するのを見物。

[PR]
# by teteg | 2016-12-29 14:15 | 鉄っぽいお出かけ | Trackback | Comments(0)
津山まなびの鉄道館【2016年11月】
行ってきました。
旧津山扇形機関車庫と、そこに展示されている気動車群、そして転車台が有名なところです。
a0054016_13135445.jpg



ですが、私は、隣接する現役気動車も非常に気になってみたり。。。
a0054016_1312423.jpg

a0054016_1312062.jpg



「しくみルーム」の中の「タブレット閉塞器」に感動したりしてました。
a0054016_1311528.jpg

a0054016_13114622.jpg

[PR]
# by teteg | 2016-11-27 13:14 | 鉄っぽいお出かけ | Trackback | Comments(0)