鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
九州・四国おたく旅その5-熊本市交通局と熊本電気軌道【1997年10月】
1997年10月の九州・四国おたく旅の記録です
熊本市交通局の路面電車も、一部区間は乗ったことがあるのですが、その区間についての記録がないので、全線乗ることにします。市電に乗るついでに熊本電鉄の初乗りもしようという魂胆です。



まず熊本駅構内の観光案内所で熊本市交の市電・市バス1日乗車券(区間指定版)500円を購入。区間指定はバスだけで、市電は全線乗車できます。切符には「超低床電車運行記念」と書いてありましたが、期間限定版なのでしょうか?2つ折の切符の表紙には、その超低床電車(車番8781)の写真が載っています。ついでに熊本市内の観光地図も入手して出発。
熊本駅前から田崎橋まで行き、折り返しの健軍町行きに乗車。辛島町から水道町までは繁華街区間。白川を大甲橋で渡ってからは、水前寺駅通電停周辺を除いて広々した感じで、ボーッとしている間に終点健軍町着。すぐの折り返しには乗らず、次の電車で戻ります。
ところで最近の路面電車は、比較的新しいVVVF車と吊り掛けモーター車が共存している例が多いのですが、後者の方がスピード感があります。あの「ゴーグォー」という音のせいでしょうか。今回も健軍町までは前者、帰りは後者だったのですが、全く違うスピード感でした。
通町筋で降りて上通アーケードを熊本電鉄藤崎宮前駅へ徒歩連絡。上通アーケードを探したのですが、アーケードがありません。地図と照らし合わせて「これしかない」という道を進むと、(多分電線地下化)工事の最中でアーケードが撤去されていたのでした。
藤崎宮前駅も駅ビル工事中で、仮通路から駅に出ます。乗車した御代志行きは、もと東京都交通局の6000系。出発して暫く走ると上熊本方面への乗換駅の北熊本。車両区(?)があり、色々な形式の電車が休んでいます。その中に、流線型下膨れの電車がありました。私は車両に疎いのですが、あれって「青がえる」とかいうやつでしょうか。で、その車両、流線型じゃないほうの側面にも乗務員出入り用の扉がつくられており、両運に改造されていました(ただし、本当に運転台がついていたのかどうかは未確認)。単行で走るときもあるのでしょうか。
御代志まで行き、駅横のバスターミナルっぽいところを探検したりして、その帰りは北熊本から上熊本行きに乗り換え、熊本市街地に近いはずなのに妙に山っぽいところを走り、上熊本着。
上熊本から再び市電に乗り、辛島町で乗り換え、昼過ぎに熊本駅前に戻ってきました。昼食をとってもまだ時間が余っていたので、「さて、なにをするか」と思っていると、くだんの8700系が入ってくるのが見えたので、あわてて乗り込みました。
この超低床車は本当に超低床で、膝まであるドアの窓から外を見ながら乗っていると、地面の上を走っているようです(当たり前か)。連接車なので比較的若い女性の車掌さんが乗務していました(併用軌道区間では連接車はワンマン運転してはいけないというきまりがある、と何かで見たことがあります。間違いかもしれません)。車内は広々としているのですが、椅子(クロスシート)の数が少ないような気がします。車輪や機器の出っ張りとの関係で、ああいう形にせざるを得なかったのだと思いますが、低床車はバリアフリーの一環であるはずですので、椅子の数が少ないのはどうかな、という感想を持ちました。
祇園橋までの一駅間を乗り、熊本駅に戻ってきました。
[PR]
by teteg | 2005-10-29 18:00 | 鉄道おたく旅 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2430412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rs422a at 2005-10-29 19:35
こんばんは。熊本電鉄沿線出身の者です。
北熊本駅で折り返されたのはもったいない。
ぜひ御代志駅まで乗っていただきたかったです。
八景の水谷駅付近の狭くて極端に踏切が多い路線を堪能するのも楽しいと思います。
また次に熊本に行かれる機会がありましたら全線乗車してみてください。
Commented by teteg at 2005-10-29 22:16
コメントありがとうございます。
実は御代志まで行って折り返してきています。私の文章ではわかりにくかったですね。直しておきます。
「極端に踏切が多いところ」ですが、乗りに行く前から雑誌などで何度か写真を見ていまして、実際に現地に行ったところ、当たり前ですが写真のままだったので感動しました。
Commented by rs422a at 2005-10-30 02:11
こんばんは。コメントありがとうございます。
御代志までいかれてたのですね。失礼しました。
http://dodochan.com/kikuden/
熊本電鉄の公式Webページには不動産情報しかありませんが、上記の公認Webでは電車情報の詳細が読めます。
(とっくにチェック済みだと思いますが)
青ガエル電車の切妻面の運転台は間違って右側に取り付けられたものもありました。
あの電車を初めて見たときは部分廃止直前だったこともあって電車そのものに注目が集まっておりました。
不気味な塗色と単行走行時の切妻面のかっこわるさが印象的でした。