鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
九州・四国おたく旅その9-筑豊電気鉄道と平成筑豊鉄道【1997年10月】
1997年10月の九州・四国おたく旅の記録です
帆柱ケーブルに乗った後は、歩いて山を下り、黒崎までやって来ました。次に乗車する筑豊電気鉄道は、黒崎駅前から発車します(途中の熊西までは西鉄北九州線になります)。昨夜北九州線に乗ったおり、筑豊電鉄の車両を見たのですが、新しく綺麗な連接車(3000系)で、失礼ながら「こんなところに」と思ったものでした。しかし、当日私の乗ったのは旧型の3連接車の2000系。これは運が良いのでしょうか、悪いのでしょうか。
車内で目を引くのは、運転席後ろのモニターです。駅発車前と到着前には、モニターのお姉さんがにこやかに案内をします。駅間は沿線企業のCM(よく地方のU局で見られるようなCM。紙芝居CMも多い)が流れています。運転席横には大きなビデオデッキが座っています。車掌さんも乗務しており、車内を回ってきたので、切符を買おうとすると、両替のみをおこなっているとのこと。
筑豊中間あたりまでは、住宅地の中を進みますが、その先は田園地帯になります。筑豊香月という駅がありましたが、旧国鉄の香月線はどのあたりを走っていたのでしょうか。ずっと遠賀川の東側を走ってきた電車は、筑豊直方到着直前に遠賀川を渡りました。



次いで、平成筑豊鉄道に乗ります。今日は糸田線には乗らず、伊田線・田川線のみです。
筑豊直方から徒歩10分程度でJR直方に着きましたが、平成筑豊鉄道の改札口が見あたりません。うろうろして、やっとJR駅舎の陰に見つけました。そこにフリー切符の案内の張り紙がありました。
※1キロ10円の切符(1日全線 49.2km が乗り放題で492円)
※発売期間:10/01~10/18
※利用期間:10/10 ~10/19 の1日
※発売場所:行橋、犀川、田川伊田、田川後藤寺、金田、直方の各駅
「やっと鉄道の日関連のサービス切符の恩恵にあずかれる」と思ったのですが、よくよく見ると「日曜・祝日は販売しない」とのこと。確かに直方駅窓口も日曜・祝日は無人で販売しようがありません。「こういう切符があるのがわかっていたら、あらかじめ買っておいたのに」と少々後悔しながら行橋まで 850円の切符を券売機で購入。
直方10:56の列車は、遅れてきたお客さんをちょっと待って、4分程度の遅れで発車。伊田線は複線で、回復運転のためもあり、相当飛ばします。まわりは田園地帯で、あまりアップダウンはありません。金田で糸田線が分岐し、田川伊田でJRと合流します。
田川伊田から約1kmの区間は、JR日田彦山線と線路を共有しています。現在は単線ですが、遠賀川にかかる橋は2本あり(1本は朽ちかけていた。もう1本は今使用中)、途中までは錆びた線路も見えかくれし、かつては複線であったようです。暫くして、旧国鉄添田線のものと思われる橋の下を通過しました。
油須原までは田園風景でしたが、それを過ぎると山間になります。並行している今川の渓谷が目を引きました。行橋駅は高架工事中で、平成筑豊鉄道のみ高架ホーム発着となっていました。
[PR]
by teteg | 2005-11-01 20:49 | 鉄道おたく旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2459063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。