鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
大山ケーブル【1997年10月】
1997年10月のおたく旅の記録です
大山ケーブルに乗りに行く。




小田急の伊勢原駅から神奈川中央バス大山ケーブル行きに乗車。バスは伊勢原の繁華街を抜け、東名高速の下をくぐってからは、ひたすら上り坂となる。道も1.5車線くらいの細いものに変わる。家は並んでいるものの、山岳バスの様相を呈している。途中で、通信講座などでお世話になったりする産能大学の横を通り(こんなところにあるのか、と驚いた)大山駅バス停に。なぜバス停の名称に「駅」と付いているのだろうか?鉄道の路線でもあったのかな。
大山駅バス停からは、旅館、民宿、みやげ物屋などが出現し、渓流に沿って走る。終点大山ケーブル駅バス停でバスを降り、ケーブル乗り場を探すが見あたらない。やっと見つけた案内板に「ケーブル乗り場はこの階段を上って550メートル」とあり、登り階段の続く「こま参道」の入り口があった。この参道、ひたすら階段で、四国の金比羅さんの様である。両側のみやげ店をひやかすのは帰りにすることにして、どんどん登る。息切れがしてきた頃にやっとケーブル乗り場についた。10~15分ほどかかった。こんなに距離があるのに「大山ケーブル駅」というバス停は、サギである(もっともバス停から上はバスの通れる道はないので、しかたがないが)。
ケーブルは途中の不動前という駅で上下が交換し、やがて終点下社に到着。残念ながら靄のために展望は広がらなかったが、周囲の山の木々が美しかった。ところで「大山」と書いてきたが、西日本系人間の私は、思わず「だいせん」と読んでしまう。それは間違いで、正しくは「おおやま」である。社駅というくらいなので、ここにあるのは阿夫利神社の下社であり、本社のほうはもっと山を登ったところにある。もちろんそんなところまでは行かない。そのかわり遊歩道を「二重の滝」まで往復する。二重の滝はかつて修験者が水に打たれた禊ぎの場である。近くには雨ごいの神様である二重社があるが、ここの狛犬は、狛犬ではなく狛龍になっている。龍は水の神様とも言われる。
帰りはゆっくりとこま参道のみやげ物屋を眺めながら戻る。夕暮れ近いので閉めていた店も多かった。豆腐が名物のようであった。
[PR]
by teteg | 2005-11-06 12:53 | 鉄道おたく旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2504799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。