鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
嵯峨野観光鉄道【1998年6月】
1998年6月のおたく旅の記録です
嵯峨野観光鉄道に乗車するべく、嵐電嵯峨駅からトロッコ嵯峨駅へと歩きます。徒歩5分くらいで、JR嵯峨嵐山駅横にある、わりと立派なトロッコ嵯峨駅着。トロッコ嵯峨駅は観光客で混雑していました。切符売り場で見ると、直近の15:26発は「指定席売り切れ、立ち席券販売中」とのこと。乗車時間も短いし、どうせ景色を眺めるときは立つのだから、と思い、切符を求めると、なぜか空席があり1号車11番A席。切符は色が白いことを除けば、JRマルス発券のもの(定期券サイズのもの)とそっくりでした。



やがてDLに牽引された4両編成の列車が到着。狭いホームは下車する人と乗車する人でごったがえします。客車は全て貨車を改造したものですが、1、3号車は普通の客車っぽい車両で、2、4号車だけトロッコ客車でした(亀岡側が1号車)。冷房はもちろん付いていません。
どうにか全員が乗車し、車内が落ちつきかけた頃発車です。機回しをしないので推進運転です。単線の線路は発車後すぐ現在の山陰本線の下り線と合流し、しばらくその上を走って、線路が別れたと思ったらトロッコ嵐山駅着。私の乗車した1号車は煉瓦巻きのトンネルの中の停車で、涼気を感じます。ここから嵯峨野観光鉄道は独自の路線を走るのですが、この路線は旧山陰本線。トンネルを抜けると左手に保津峡と嵐山温泉の建物が見えます。これからずっと続く保津峡には保津川下りの船が次から次へとやってきて、手を振ります。保津峡はここ数日の雨で、水量は多かったもののやや濁っていました。
途中のトロッコ保津峡駅からは鬼(酒呑童子)も乗り込んできて、乗客の被写体になっていました。愛想の良い鬼で、あまり恐くはありませんでした。
古びたトンネルとずっと続く保津川の風景は、どこかで見たことがあります。そう、「電車でGO!!」の初級編です。進行方向が違いますが、あれで見た景色と全く同じ。嵯峨野観光鉄道もDLを亀岡側につければ、嵐山側はかぶりつき可能になり、完全に「電車でGO!!」の世界と同一になるのですが、、、。
約25分で終点のトロッコ亀岡着。良い景色を見ながらの楽しい時間でしたが、1つだけ難点が、、。それは車掌の観光案内です。単に景色のことだけにすれば良いのに、しょうもないギャグを連発するのです。このタイプの車内放送、大井川鉄道井川線あたりのまねでしょうが、私にはちょっと。。。。。
[PR]
by teteg | 2005-11-07 21:44 | 鉄道おたく旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2520562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。