鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
名古屋ガイドウェイバス「ゆとりーとライン」【2001年4月】
2001年4月のおたく旅の記録です
a0054016_14512684.jpg 2001年3月23日、名古屋に日本で初めてのガイドウェイバス「ゆとりーとライン」が開業しました(大曽根-小幡緑地間 6.5km)。「ガイドウェイバス」とは、専用軌道上をバスが走るものですが、このバスに少々仕掛けが施されていて、通常のタイヤの他に横向きに延びた小さなタイヤも装備しており、これが軌道の壁面を押さえることによってハンドル操作をしなくても勝手に軌道のとおり曲がって行くようになっています。従ってその間は、運転手さんは、アクセルとブレーキによる速度調整だけを行うことになります。専用軌道区間以外の場所では、普通のバスと同様に走行します。
初乗りのためにJR大曽根駅までやってきました。



JR大曽根駅から「ゆとりーとライン」大曽根駅へ向かうと、私と同じように初乗り(試し乗り)に来られた方が多くいらっしゃいました(といってももちろん地元の方がほとんどで、私のように「四国から」という人間は極少(^^;)。
大曽根駅には一応「改札口」がありますが、乗車するためにホームに入るぶんにはフリーで、大曽根で下車した方の運賃収受を行うためのものでした。
ホームにあがると既にJRバス運行便の高蔵寺行きが停まっていたので、即座に乗車。「ゆとりーとライン」は名古屋市営、名古屋鉄道、JRバス東海の3社のバスが運行されていますが、統一の塗装がなされているため、一見したところ区別がつきません。内装も同様で、座席には「ゆとりーとライン」のロゴ入りのシーツがつけられています。席が全て塞がっていたのを幸い(?)に、運転席横に立ちます。
ガイドウエイ方式なので運転手さんのハンドル操作はありません。そのため運転手さんも手のやり場に少々困惑している様子に見えました。
各駅に停まるたびにエンジンが自動的にストップします。乗り心地はバスそのもの。少々エンジン音の大きさが気になりましたが、これは当日暖かかったので窓を開けていたせいもあるのでしょう。
急カーブにおいては速度制限がかかっています。軌道(路面)には、普通の道路と同じオレンジ色で制限速度が描かれていますが、それ以外に鉄道のものとそっくりな制限標識もあります。制限解除は当然「正方形に対角線を引いて中に出来る4つの三角形のうち上下のものは黒い (^^;」やつです。
軌道は高架なので眺めを楽しみながら、15分程度でガイドウエイ区間の終点駅「小幡緑地」着。ガイドウエイの入口の様子を見るため、もう1駅余分に乗車し「竜泉寺口」で下車しました。ガイドウエイ入口は、一般車の進入を防ぐために遮断棒が設置されていて、バスがその前に来るとそれが開くシステムになっていました。まだ開業から日が浅いためか、周辺にはガードマンの方が何人かいらっしゃって、誤進入を避けるべく監視していました。
帰りは小幡緑地から乗車。今度は空いていたので、最後部座席から後ろをかぶりつきつつ大曽根に戻りました。
[PR]
by teteg | 2005-11-11 14:53 | 鉄道おたく旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2561165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。