鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
東北新幹線(八戸~盛岡) 【2003年3月】
2003年3月のおたく旅の記録です

2002年12月に開業した東北新幹線の八戸~盛岡間にやっと乗車してきました。デジカメでいろいろ写真も撮ったのですが、なぜか調子が悪く、ほとんど撮れていませんでした(^^;)。



東京から八戸へ向かうのに利用したのは、夜行高速バス「シリウス」号。翌朝、八戸の中心部に近い「八日町」で下車しJR本八戸駅へ徒歩で向かいます。ちょっと肌寒い中、ところどころにある残雪の小山を見ながら、約10分で本八戸駅到着。八戸行きの列車までしばらく時間があったので、その間にみどりの窓口で八戸~盛岡の新幹線特定特急券と乗車券を購入しました。特定特急券は、自由席特急券みたいなものかと思っていたのですが、喫煙の有無を聞かれたのち発券されたものには、号車指定がなされていました。
やがて改札が始まり、高架のホームから07:11発の八戸行き気動車に乗り込み、途中で八戸臨海鉄道などの線路を眺めながら、八戸には07:20に到着しました。

八戸駅ははやて一色。駅の中の立ち食いそば屋の屋号も「はやて」でした。

八戸から乗車するのは07:58発はやて6号。弘前・青森からの接続列車の到着前の段階ではがらがらでしたが、07:46にその「つがる」6号が到着すると、続々とお客さんが乗り込んできて、ほぼ満席になりました。特定特急券は空席があれば座ることができるのですが、八戸出発間際までどこが空席なのかわかりません。それでも、発車直前に窓際の席を確保することができました。

久々の大物(約100km)新線開業・初乗りなので、思わず心の中で「出発しんこ~」などと言っていたのですが、この区間は陸上では世界一の長さを誇る岩手一戸トンネルをはじめとして、トンネルだらけ。東北地方ののどかな田園風景をちらちらと見た他は、暗闇の中ばかりで、あっという間に盛岡に到着しました。

盛岡駅ではお約束のはやて・つばさ併結作業を見学(^^ゞ
[PR]
by teteg | 2005-11-12 11:38 | 鉄道おたく旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2570138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。