鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
名鉄の廃線跡 谷汲と揖斐【2002年11月】
2002年11月の鉄っぽいお出かけの記録です

a0054016_22433180.jpg廃止された名鉄の谷汲線と揖斐線を見に行くことにしました。






a0054016_22442282.jpg谷汲線と揖斐線には、2回ずつ乗車した覚えがあり、その際ジャンクションの黒野駅は必ず通っているのですが、駅舎を出たのは、今回が初めてでした。



a0054016_22452486.jpg谷汲線と揖斐線がなくなった黒野駅で用いられているホームは、1面だけとなりました。その生き残りのホームから、谷汲・揖斐方面を眺めています。左側の作業用車両が停まっている線路は、揖斐線のものでした。



a0054016_2246626.jpg揖斐線のホームと線路。駅名票は残っていますが、作業用車両の留置線として用いられている様子でした。



a0054016_22463978.jpg揖斐線用ホームの根元部分です。金網によって進入禁止になっていました。



a0054016_22471710.jpg谷汲・岐阜方面行きのホームと揖斐線ホームとをつないでいた構内踏み切りは撤去されていました(写真手前が揖斐線ホーム、線路の向こうに見えているのが現在生きているホームの根元、さらに向こうが出口となります)。



a0054016_22483282.jpg黒野駅から谷汲線沿いに少々歩いてみました。線路はまだ残っています。



a0054016_224962.jpgさらに進んでいくと、こんな感じ。踏み切りのあった場所では、線路への侵入を避けるため、バリケードが設置されていました。



a0054016_2250241.jpg今度は揖斐線に沿って進んでみました。



a0054016_22503057.jpg架線柱も残っており、赤い電車が走ってきても不思議のない様子です。



a0054016_22513018.jpg途中で中之元駅の跡を発見。もともとホーム1面だけの駅だったので、特に寂れた印象はありませんでした。いつ電車が来ても不思議はない感じです。



a0054016_2252770.jpg本揖斐方面行きの代替バスの時間が気になったので、このあたりで国道に戻ります。
バス停がすぐ見つかるか心配だったのですが、無事発見しました。
「名阪近鉄バス」が走っています。



a0054016_22531192.jpgバスで本揖斐駅跡に到着。駅前の小さな広場は、バスの回転場としてまだ現役でした。
駅舎もきれいでしたが、駅名を掲げていた板が取り外されており(電球の下の部分になります。その部分だけ色が周辺と異なります)、廃線であることを否応なく知らされます。



a0054016_22533937.jpg本揖斐駅は、1面2線の駅を覆っている屋根が特徴的でした。
駅舎だけでなく、その屋根もそのままでしたが、看板の中身が抜けていました。
どうも廃線になると、真っ先に撤去されるのが、駅名票や看板である気がします。



a0054016_22543448.jpgちょうどよいバスがなかったので、本揖斐からタクシーで谷汲に移動しました。
谷汲駅舎です。こちらも駅名板が撤去されていました。



a0054016_22551447.jpgしかし、谷汲駅は、廃線後755電車が搬入され、静態保存されています。
訪れた日は、塗装修理のため、あまり美しくない状況でしたが、この車両が1台あるだけで、すごく印象が異なります。



a0054016_22554572.jpg谷汲駅周辺を廃線に沿って散策しました。歩いてみて初めてこのあたりの勾配が急であったことを知りました。
[PR]
by teteg | 2005-11-16 22:44 | 鉄っぽいお出かけ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2620973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rs422a at 2005-11-23 07:36
おはようございます。
廃線探訪、いいですね。
名鉄のこの路線は乗ったことがありません。
一度乗っておけばよかったと後悔しております。
この訪問日から3年経過していますからたぶん今はレールも撤去されたでしょうね。