鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
小和田駅【2004年8月】
2004年8月の鉄っぽいお出かけの記録です

a0054016_1973357.jpg秘境駅で名高い「小和田駅」に行ってきました。






a0054016_1982694.jpg飯田線名物の「川を渡りそうで渡らない鉄橋」などを楽しみつつ、列車はまもなく小和田駅に到着。秘境駅ではあるものの、数年前からその駅名故に有名になっている駅でもあり、しかも数ヶ月前にはJR関口のテレビ番組により紹介されていること、さらに18きっぷの期間中という条件下で、ラッシュ時の新宿駅。。。。とまでは言わないものの、牟岐線二軒屋駅くらいの人はいるのではないかとなどと考えておりました。しかし、実際到着してみると、この列車から降りたのは私のほか2カップル、この列車に乗り込んできたのは鉄ヲタ数人と、まあ妥当な線でありました。



a0054016_1911217.jpg小和田駅は、トンネルとトンネルの間に挟まれた、おそらく列車交換と保線基地のために作られた佇まいの駅で、実際飯田よりには保線車両用のホームなどの設備があります。



a0054016_19124852.jpg駅舎自体は、小ぶりで古びているものの、なかなかよい雰囲気です。これで駅前にちょっとした空間があって、車道や民家が少々あれば単なる「田舎の小駅」となるのですが、小和田駅の場合は、その先には細い急な山道(舗装はされてますが)が延びているだけ。



a0054016_19144730.jpgその山道を下っていくと、秘境駅には欠かせないアイテムである「廃屋」があります。



a0054016_1916169.jpg廃屋の先も山道が下って行っていますが、あとで登って帰ってくるのが面倒なので、このあたりから天竜川を見下ろして探検は終了。



a0054016_1917472.jpg一番近いと思われる塩沢集落まで1時間との案内がありました。山道を登ったり降りたりしながらの1時間はなかなかハードかと思われます。地図で見る限り、標高差は200~300m?


先ほどの下りでこの駅にやって来た私を含めた5名と、どこからか出現した保線関係の人2名を加え、合計7名(うち地元民0名)は上り電車に乗り込み、秘境駅を後にしました。
[PR]
by teteg | 2005-11-23 19:09 | 鉄っぽいお出かけ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2680646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 鉄道と駅の旅 at 2006-11-24 05:28
タイトル : 小和田駅
 天竜川中流域の険しい渓谷地帯を、川に沿って縫うように走っているのが飯田線。さらに上流に行くとおだやかな伊那谷になるのだが、このあたりの中流域では、それが嘘のような険しい地形が続いている。ダムも多く、かつて、そのダム建設による集落移転や線路の付け替えなどもあり、昔と比べても沿線住人は減っている、過疎地帯である。  そんな区間にある駅の一つが、ここ小和田駅。列車交換もできる相対ホームをもった駅だが、今や信号場に格下げしてもよさそうなぐらいに、駅の利用者は少ないという。飯田線のこのあたりには、他にも...... more