鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
四番 大日寺(板野町) >>> 六番 安楽寺(上板町) 【2005年10月】
a0054016_14382112.jpg2005年10月23日
午後から出かけました。
順番からすると、この続きとなります。
板野駅からしばらく歩くと写真の大きなクスノキが出現します。これは、「岡ノ宮オオクス」と呼ばれる徳島県指定天然記念物です。岡上神社境内にあり、推定樹齢700年。根回り24.5m、樹高35m。藩政時代に船の材料として切り倒されそうになったのを、村人が守ったというエピソードも。






a0054016_1438281.jpg八十八カ所めぐりとは直接関係ありませんが、四国には「四国のみち」というものが設定されています
(詳しくはこちら)。「東海自然歩道」みたいなものでしょうか。「へんろ道」と重なる部分も多く、また徳島県内の場合は無料の地図付パンフレットが配布されているので、重宝しています。
そんな「四国のみち」の終点の碑がありました。



a0054016_1438341.jpgルートとしては三番と四番の間を歩いていることになるのですが、途中で田んぼのあぜ道を歩くことになったりしながら(昔からの「へんろ道」を忠実にたどるとこういうコースになるらしい)進みます。
そんな途中に、三番札所奥の院の「愛染院」があります。大きな草鞋の山門が印象的。



a0054016_14384178.jpgその門には、犬が寝そべっていました。
八十八カ所歩きを始めてから気づいたのですが、犬は、「めっちゃほえる犬」と「全然無視する犬」の2つに分類できます。この犬は後者のタイプ。



a0054016_14384812.jpgちょっとした山道。



a0054016_14385419.jpg川に沿って谷をしばらく登って行くと、四番札所 大日寺に到着。山門は、上部が鐘楼になっています。
後ろに控える山の緑とよくマッチしています。



a0054016_1439132.jpg本堂は「荘厳」な感じ。



a0054016_1439834.jpg大日寺を出発し、道沿いにだらだら坂を下りて行くと、自然と五番札所 地蔵寺に到着。下りなので全く努力しなくてもついてしまいました。
が、このコースで来ると、なぜか山門よりも先に奥の院の前に来てしまいます。



a0054016_14391536.jpg奥の院から石段を下りていくと、正しい地蔵寺に着きます。敷地はかなり広いです。



a0054016_14392383.jpgこれが地蔵寺の仁王門。逆行してきました。後ろの大銀杏も見応えアリ。



a0054016_14392983.jpg五番から六番の間は少々距離があり、集落内の道をたどります。
懐かしい看板を発見。ハイクッカー萌え。



a0054016_14394792.jpg六番 安楽寺に到着。
安楽寺の山号は「温泉山」。なんとなく温泉をイメージさせる山門、に見えませんか?(w
なお、門の左下に小さく見える黒い物は、巨大な犬です。近づくまでリュックか何かだろうと思っていたので、犬だとわかった時はちょっとびっくりしました。こちらも「全然無視する犬」の方でした。



a0054016_14395444.jpg境内は綺麗に整備されており、本堂も新しめ。
なおここのトイレは平成10年に新築されたばかりで、日本トイレ協会のモデルトイレにも指定されているそうです。
夕方になったので今回はここまで。
[PR]
by teteg | 2005-12-04 14:40 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2766223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。