鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
善通寺駅(善通寺市)>>七十六番金倉寺>>八十番国分寺>>国分駅(国分寺町)【2005年12月】
2005年12月30日
香川シリーズ1回目を終え帰宅して足を見たら、予想通り巨大なマメが。。。適当に針でつっついたりしたのですが、一晩で治るものではありません。
にもかかわらずその翌日、12月30日の早朝から出かける私に対し、家の者は「アホちゃうん?」という視線でした。
善通寺駅からスタートです。





a0054016_20534248.jpg善通寺駅からのへんろみちは観音寺の時と同様よくわかりません。しかし、土讃線を渡り国道319号線を少しばかり歩くろ、「へんろ道」の案内板が出現し、それに従って正しいルートをたどることができました。
治りきっていない、昨日より悪化している雰囲気のある足の裏を気遣いながら、30分弱で七十六番札所金倉寺の山門前に到着。


a0054016_2055743.jpg境内は広いものの、人気はなく静かな本堂。


a0054016_20552899.jpg門前にある旅館も、年末年始にむけてスタンバイかな。


a0054016_2056080.jpg七十六番から田畑の間を歩いていくと、やがてJRを走る電車の音が聞こえ、重要な鉄道ジャンクションである多度津に近いことが分かります。
七十七番道隆寺に到着。


a0054016_20564849.jpgここは「眼なおし薬師さま」としても有名。私も目がよい方ではないので、なにか御利益があれば。。。でも、なんにもお参りしていないのに御利益だけを頂くのは多分無理でしょう。


a0054016_20573573.jpg七十七番を出発し、丸亀方面へ県道21号線を進みます。
丸亀の市街地に近づいたところで県道からはずれ昔からの商店街を進みましたが、典型的は「シャッター商店街」と化していました。
土器川をJRと並んで渡り、脇道から交通量の多い県道(33号線)に舞い戻り、無味乾燥に歩いて行くと、やっと七十八番郷照寺への歩きルートの案内板が出現。
坂を登って山門に到着。


a0054016_20582764.jpg郷照寺は宇多津町の南の高台にあり、瀬戸内海が綺麗に見渡すことが出来ました。
寺に隣接してある墓地には、年末のお参りの人も多く、献花がまだ新しいお墓もたくさんありました。


七十八番からのへんろみちは、車の通行量の多い道ではなく、多くは昔からの旧道をたどり、趣があります。途中の住宅地に「長楽製麺所」というのを見つけたのですが、満員だったので残念ながらパス。美味そうだったんだけどなぁ。。。
ずんずん進んでいくと坂出の商店街に入りました。丸亀よりはまだ賑わいがあるかな、という感じ。坂出のSATYの裏側(北側)にあるうどん屋で昼食。SATYの従業員さんで混雑していました。
ところで足の裏のマメですが、休憩後歩き出すときはビンビンに痛むものの、しばらく歩いていたら何となく痛さを忘れてしまう状況。これも「歩いて回る」ことによる「悟り」の心境かも知れません。

a0054016_20594833.jpg八十場には「八十蘇場の清水」というわき水があります。この清水は「神櫛王が南海の悪魚征伐の際、全員がその毒気にあたった為、この水を飲んで蘇生した。」とか「讃岐に配流された崇徳天皇(上皇)が亡くなられた際に、この水につけて腐損を防いだ。」とかいう謂われをもつ霊水。
で、近くにこの清水をネタにした「ところてん屋」があるのですが、当日は休みでした。


a0054016_2101170.jpg七十九番札所に到着。「天皇寺」という名称は、讃岐に配流された崇徳天皇(上皇)の棺が安置されているからだそうです。


a0054016_211416.jpg本堂もなんとなく神社テイストが。。。。


a0054016_2113386.jpg白峰宮という神社が同居しています。本当に寺と神社の区別が分からない「天皇寺」でした。


a0054016_2122249.jpg天皇寺から出たところに半鐘がありました。
のどかな風景の落ち着く道をしばらく歩きましたが、途中からは国道11号バイパスを歩かざるを得なくなり、黙々と進みます。


a0054016_2125330.jpg国分の街に近づくと、バイパスの脇道がへんろみちになっています。しばらく進んで、八十番札所国分寺に到着。


a0054016_2131617.jpg参道の両側には、八十八カ所の本尊の石仏と松並木が。


a0054016_214105.jpg本堂に到着。

本日はここまでにして、国分駅からJRで帰ることにします。あ、足が痛い。。。年末年始は家で静かにしてよ。。。
[PR]
by teteg | 2005-12-31 20:54 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/2941941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by joecool at 2006-01-01 16:29 x
明けましておめでとうございます。
88カ所巡りで少しは煩悩落ちましたか?
Commented by teteg at 2006-01-05 19:55
↑ 歩いている間だけは。。。(w