鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
JR鬼無駅(高松市)>>>八十三番一宮寺>>>八十四番屋島寺>>>琴電屋島駅(高松市)【2006年4月】
2006年4月29日
この続きです。
ゴールデンウイーク初日の4月29日は、あまり天気がぱっとせず雨もぱらつくとの予報だったので、傘を差しながらでも歩けるルート、しかも交通渋滞に巻き込まれにくいところ。。。で、結局また香川県に向かいました。






JR鬼無駅 ~ 八十三番 一宮寺
今回は少々出遅れて鬼無駅をスタートしたのは11時頃。
歩き始めは小雨がぱらついていましたが、しばらくしたら薄曇りの中に晴れ間ものぞく天気に回復し、暑くなってきました。
この間の遍路道は、住宅や田畑の中の細道をくねくね曲がって通っており、へんろみち保存協力会の道しるべがなかったら迷うこと必至。
a0054016_9164932.jpg

a0054016_9165880.jpg

80分ほど歩いて、勝手に想像していたよりこぢんまりとした一宮寺に到着。



八十三番 一宮寺
a0054016_9172549.jpg

a0054016_9173484.jpg

a0054016_9174327.jpg

↑ この薬師如来の鎮座ましましている祠は、その扉に首をつっこむと、地獄からの音が聞こえるといわれています。しかも、悪人が首をつっこんだ場合は、首が抜けなくなってしまうとも。そんな条件やったら、誰も首つっこんだりせえへんと思うのですが。。。でも昔、この近くに住んでいた「おタネばあさん」という意地悪ばあさんは、おろかにも首をつっこんで首が抜けなくなってしまい、涙を流して改心を誓ったら脱出できたそうです。



八十三番 一宮寺 ~ 八十四番 屋島寺
途中の瓦町付近で、ちょっとヲタの血が騒ぎました。下手な写真ですが。
a0054016_9182550.jpg

a0054016_9183714.jpg

a0054016_9184739.jpg

街中の鯉のぼり
a0054016_9185790.jpg

琴電潟元駅からは屋島寺に向かっての山登り。長距離歩いた後の急坂は相当しんどかった。けど、途中で地元の小学校高学年女子3人組や家族連れ(夫婦と幼稚園児くらいの子ども)を抜いたった。なかなかやるやん、おれ。どっちのグループも真面目に登っていた感じではなかったけどな。毎日ここを散歩コースにしてるようなおっさんやおばはんにはもちろん抜かされた。
そんな登り坂の途中に「喰わずの梨」というのがあります。これは、弘法大師が「梨を1つくれ」と木の持ち主に頼んだところ、断られたので、腹いせにそれ以降全ての梨が石のように堅くなって食べられなくなるように呪いをかけたものです。つまり、「お接待を強要したところ断られたので逆ギレした」っちゅうわけです。以上、反弘法大師のスタンスからの説明でした。



八十四番 屋島寺
いちおう観光地にある札所なので、それなりに賑やかでした。
a0054016_9195778.jpg

a0054016_920811.jpg

a0054016_9202422.jpg

a0054016_9203541.jpg

a0054016_9211541.jpg

さっき登った坂を、膝を痛めないようにそぉ~っと降りて、琴電屋島駅で今回は終了。
[PR]
by teteg | 2006-04-30 09:22 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/3547017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。