鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
旧津島町>>>別格六番 龍光院>>>JR務田駅 【2007年1月】
2007年1月27日

未明の徳島道を西へ向かって走ると、我が家から1時間ちょいで池田PAとか新境目トンネルとかを通る。前回はこのあたりをうろうろしていたことになる。しかし、今回は、さらに3倍の時間走って宇和島までいかなあかん。覚悟はしていたけどやっぱり遠い。強風にとばされたりトラックにあおられたりしながら、ひぃひぃ言うて、どうにかこうにか宇和島に着きました。
今回はこれの続きで、旧津島町(現在は宇和島市)を出発して、松尾峠を越え宇和島市内を通過し、JR務田駅まで歩きました。札所はありません。






松尾峠
現在の国道56号線の松尾トンネルは、すごい交通量のため排気ガス室と化しているとのことで、旧国道をたどります。途中までは砂利ダンプがぽちぽち走っていますが、峠の頂上の旧松尾トンネルを通過する車はごく少し。それでも、トンネル内は、軽トラが通過するだけでも爆音が響きます。大型トラックが1台通過していきましたが、天変地異かと思うほどの地響きでした。





別格六番 龍光院
宇和島市街の道はなんかごちゃごちゃしていてわかりにくい。「遍路道シール」だけが頼りである。しかもイノシシが出てくるかも知れん。さすが「じゃこ天」の聖地、蒲鉾屋が目立つ街中を歩き、別格六番龍光院に着いた。別格については、ホンマモンの札所の繋ぐルート上にある時だけ立ち寄ることにしている。

▽ 111段の階段を登っていきます。


▽ 本堂・法事かなんかをしていて、人の出入りが激しかったです。


▽ そのほかいろいろ。青亀とか。






▽ 宇和島市街を眺めてみました。




宇和島市街~JR務田駅
宇和島市街を出て四十一番札所龍光寺に向かう県道57号線は数キロにわたって緩やかな上りがだらだら続く、ちょっとイヤな道。ジワジワと足に疲労がたまっていっているのがわかる。
ええかげん疲れて座れるところを探しながら歩いていると、新屋敷の集落に真新しい遍路休憩場があった。このプロジェクトによるもの。有り難く休憩させて頂く。座れることの幸せ。






窓峠でそんな坂も終わり、田畑が広がる務田の集落に入る。当初は四十一番、四十二番札所をめぐり、歯長峠を越えて西予市宇和まで行こうかと思っていたが、思いのほか足が疲れていたので、近くのJR務田駅で終了とした。歯長峠に入ってしまうと、約10kmの間、公共交通機関との接点がなくなってしまうので。。。




汽車が来るまで約30分の待ち時間があった。
暇だし、ローカル線の小駅で誰もいなかったので、調子に乗って、「冒険でしょでしょ?」とか「ハレ晴レユカイ」とかを音をはずしながら歌ってたら、知らんうちに地元のおばはんが近くにおった。おばはんはちょっとしたら、なぜか立ち去った。
[PR]
by teteg | 2007-01-28 10:45 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/5044632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by joecool at 2007-01-29 21:15 x
前から聞きたかったのですが、「戻り」はJRやバスですか。
Commented by そんじゃま at 2007-01-29 23:44 x
わたくしも、前から聞きたかったのですが。
徳島県の方がたは、列車を「汽車」と言うのですか?「電車」と言わないの?気動車とか、デイーゼルカーとかは?
埼玉県には、八高線の高崎駅~高麗川駅は非電化区間です。
そんじゃま。
Commented by teteg at 2007-01-30 21:27
>>joecool 様
そうです。
車で行く→止めやすく公共交通の便も良さそうなところに車を置く→(必要に応じて)歩きスタート地点まで公共交通で移動→歩く→歩き終わり→(必要に応じて)車を置いているところまで公共交通で移動→「眠~。。」と思いながら帰宅
Commented by teteg at 2007-01-30 21:29
>>そんじゃまさま
徳島県の人が列車を「汽車」というか「電車」というか。。。それは人それぞれだと思います。
私は、自分が鉄ヲタとして、「電車」でない「気動車」などは「電車」と呼びたくないので、「汽車」としています。(あ、ちなみに徳島県には「電車」はありません(w)