鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
道の駅ながお >>> 八十八番大窪寺【2007年3月】
2007年3月10日

3週連続での八十八カ所歩き。
今回はこれの続き。ランダムにだいたい日帰りで廻ってきましたが、とうとう八十八番札所大窪寺に到着。結願。少しずつでも、長い間やってたら、いつのまにか達成できるもんや、っちゅうことがよくわかりました。
(写真は大窪寺境内)
a0054016_871532.jpg






前山おへんろ交流サロン
「道の駅ながお」の向かいにあります。遍路に関する資料なども充実しています。
a0054016_8133476.jpg

a0054016_8134334.jpg



女体山を越える
「道の駅ながお」から八十八番大窪寺までのルートはいくつかあるが、今回は一番ハードかつ歩きの人々に絶大なる人気を誇る「女体山越えルート」をたどる。前山ダムからスタート。
a0054016_816141.jpg

ダム湖沿いの道をしばらく進むと、ハイキング服装のおばちゃんに追いつく。おばちゃん、なかなかペースが速く、追い抜いても「つかず離れず」状態になる。そのうちおばちゃんから話しかけてきた。
「すみませんが、『つかず離れず』の距離で歩いていただけませんか?」
「(もしかしてこのおばちゃん、わざとワシとの距離を一定に保ってたんか・・・でもなんで?)いいですよ。」
「たまにサルがいっぱいいて怖い時があるんですよ。ひとりは怖いから、このあたりで一緒に歩いてくれる人を見つけることにしてるんです。」
「(サル、怖~。。ワシも一人歩きはイヤや)わかりました。」
そんなおばちゃんとぽつぽつ会話をしながら進んでいくが、なかなかペースが速い。で、その訳を尋ねてみると、な、なんと。。
「一年前からだいたい毎週このルートを歩いている」
「このルートを選んだのは、家から日帰りできる範囲で、一番急峻だから」
などとおっしゃる。あかんやん、それ。ぜったいついて行かれへんやん。
途中まで意地もあってついていきましたが、女体山への最後の登りを前に、お別れしました。お別れ後、このおばちゃん、私と歩いていた時よりも早い足取りでサクサク登っていきました。

ひとりになってからは、それまでが嘘のようなローペースで歩き、女体山頂上まであと一歩ってところまで来た。こっから先の僅かな距離が、写真のような「岩場よじ登り」で、一番ハード。
a0054016_8374440.jpg

無事、標高776mの女体山頂に到着。景色が綺麗!この景色が、このルートの人気の秘密。おばちゃんは影も形もナシ。
a0054016_840489.jpg

登った後は下り。登りと同様に、下りも急。南斜面の途中に展望台がありました。この展望台の近くに八十八番の奥の院があるはずだったのだが、気づかんかった。
a0054016_8415288.jpg

a0054016_842274.jpg

やがて大窪寺の鐘の音や人の声などが聞こえてきた。



八十八番札所 大窪寺
とうとう到着。前山ダム近くにあった案内板では、4時間弱かかるような事が書いてあったが、とちゅうまでハイパーなおばちゃんにひっぱってもらったこともあって、2時間半で着いた。
女体山越えで来ると、まず大師堂がある。
a0054016_8464274.jpg

この時は思ったほど混雑していなかった本堂周辺。他の札所と違うのは、結願の証明書を持って記念撮影する人が目立つところか。
a0054016_8502457.jpg

山門は一番最後に見ることになった。
a0054016_8523942.jpg


というわけで、とうとう八十八カ所を歩き終わりました。ろくにお参りもしていないので、「結願」と言えるかどうかはわかりません。でも、それなりの感動みたいなもんは、自分自身の中にはあります。

と、全てが終わったように見せかけて、もう少し続くよ。
[PR]
by teteg | 2007-03-11 08:07 | 八十八カ所を歩く | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/5222753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by joecool at 2007-03-11 16:47 x
結願おめでとうございます。もういつあの世に逝っても大丈夫ですね。(^^