鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。→目次
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。→目次
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡る記録です。現在3巡目絶賛逆打ち中。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。

以前の記事
最新のコメント
>ke-ko63 さま ..
by teteg at 14:11
浄瑠璃寺にこんなキュート..
by ke-ko63 at 21:47
ke-ko63 さん、コ..
by teteg at 15:41
こんにちは。菊間瓦の画像..
by ke-ko63 at 22:14
きもやき様、コメントあり..
by teteg at 18:44
素晴らしいブログを開設さ..
by keymoyakingきもやき at 20:54
とても立派な建物ですね。..
by ブライダルエステ 背中 at 13:29
登るのが大変そうな階段で..
by 二の腕 ダイエット at 10:42
紅葉綺麗ですね。 まだ..
by H2Oスチームモップ 感想 at 11:34
徳島県ってすごく遠い気が..
by 埼玉県一戸建て at 14:17
最新のトラックバック
Xマスツリー園児飾る 装..
from ローカルニュースの旅
海の時刻表冬号の表紙がま..
from 実在看板少女のさがしかた
観光ガイド付き鹿児島市電..
from ローカルニュースの旅
市電資料館をリニューアル..
from ローカルニュースの旅
温泉旅行 湯布院
from 温泉旅行に行きたい
特急「宇和海」2000系
from ぱふぅ家のホームページ
ルイス・C.ティファニー..
from ぱふぅ家のホームページ
スカイレール
from ぱふぅ家のホームページ
草津温泉のホテル望雲
from 草津温泉情報ナビ
草津温泉のホテルビレッジ
from 草津温泉情報ナビ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧
「バースデイフリーきっぷ」で鉄分補給 その2【2007年11月】
2007年11月3日

2日目の乗り鉄記録はこんな感じ。

徳島06:52→(剣山1号)→08:10阿波池田08:26→(南風1号)→11:34中村11:37→(621D)→12:07宿毛12:43→(624D)→13:13中村13:18→(南風20号)→13:53窪川14:37→(清流しまんと1号)→17:03宇和島17:06→(宇和海20号)→18:28松山18:44→(しおかぜ30号)→21:04児島21:09→(マリンライナー63号)→21:40高松22:20→(うずしお29号)→23:28徳島
合計乗車キロ(営業キロベース)846.2km

この日は一番の長時間、長距離乗り鉄。一部区間は遍路歩きで乗ったけど、だいたいがめっちゃ久しぶり。高知~土佐新荘とか、窪川~務田とか、前いったいいつ乗ったんか、全然記憶ナッシング。

良い天気に恵まれ、海や清流や山などの景色は最高でした。

帰りのしおかぜ30号で、寝過ごして岡山まで連れて行かれたらなんやかんやとややこしくなるので、それだけ気にしていたのですが、無事予定通り帰ってくることができました。






徳島06:52→(剣山1号)→08:10阿波池田(74.0km)

この剣山、だいたい空いてるんですわ。この日も2両編成合計で数人しか乗ってへんかった。かぶりつき席余裕でゲット。少ないお客さんの中に遍路姿の人が1人(あとでわかったのですが、この方、私がいつも見ているブログの主の方でした)。私の歩き遍路2巡目は、1ヶ月以上行けてないなぁ。

ちょうど通勤時間帯を通勤方向と逆に走るので、休日だからちょっと本数は少ないものの、多くの交換可能駅で徳島行きの普通列車と行き違います。対向列車には、クラブかなんかに出かける高校生が割とたくさん乗ってたりします。

穴吹駅周辺と辻駅周辺では、吉野川の景色が広がります。

ガラガラのまま阿波池田着。吐く息がちょっと白くなりました。

a0054016_10131030.jpg吉野川

a0054016_10132130.jpg阿波池田に到着

a0054016_10133546.jpg徳島で行われていた「踊る国文祭」HMつき1500系@阿波池田駅
HMはあとでさすっときました。




阿波池田08:26→(南風1号)→11:34中村(197.8km)

南風1号は先頭車両がグリーン車であったものの、かぶりつき席はゲットできず。

阿波池田駅を出発してしばらく行くと、まず小歩危、ついで大歩危の渓谷美が見えてきます。車内放送のおねいさんも「トンネルがあるけど、小歩危、大歩危の景勝が車窓に広がるから心して見るように」と言います。線路沿いの草木の間からちらちら見えるのがなかなか良い味を出しますが、このスピードでは写真撮影は無理ですね。あと、左岸を走っている間は、線路と河川の間に走る国道32号がちょっとだけ邪魔。自分で車を運転して国道32号を走っているときは、吉野川じっと見られへんのにね(落ちます)。

a0054016_1023418.jpg南風1号@大歩危駅


気がついたら高知県に入っていました。この辺、県境と分水嶺がずれていて、分水嶺は県境よりずっと南にあります。分水嶺を県境にしたら、高知県は今以上に東西に細長くなってしまいます。

構内が広い繁藤駅を過ぎて本当の峠越えとなり、途中のトンネルでエンジン音がふっと止まり、そのかわりにレールの継ぎ目の音が耳につくようになって、ピークを越えたことがわかります。やがて左手に、上方に延びていく引き込み線が見え、スイッチバックの新改駅を通過。駅舎は自席と反対側の進行方向右手だったので見えず、ですが、前に来たことがあるのでまあええわ。眺望を楽しみながら坂を下って土佐山田着。

後免でかぶりつき席に座っていた人が降りたので、そそくさと移動wktk。

須崎から土佐久礼にかけて左側車窓にちらちらと海を見た後、髙南台地に向けてトンネルを連ねつつ急勾配を登っていき、窪川に到着。ここでJRから土佐くろしお鉄道に事業者がかわり、車掌さんもおねいさんにかわりました。

窪川出発後すぐに三十七番札所岩本寺の裏を通過します。以前歩き遍路で岩本寺を訪れたとき、ここを走る汽車を眺めたりしていたのですが、今回は汽車から本堂を眺めます。

しばらく走ると四万十川と併走します。窪川は東や東南方向に進むと、すぐに海に着くのですが、間に峠があるため、四万十川は西に大きく迂回して最終的には旧中村市で海に至ります。鉄道の方は、ループ線で急勾配を下り、なるべく短い距離で海に向かいます。

土佐佐賀のあたりからはシーサイドラインになって、やがて終点中村着。

a0054016_10242115.jpg太平洋

a0054016_10252850.jpg中村駅に到着




中村11:37→(621D)→12:07宿毛(23.6km)
宿毛12:43→(624D)→13:13中村(23.6km)


a0054016_1029454.jpg621D@中村駅

この区間はこの時が初乗りで、それも夜間、ほんでそれ以降は乗ってないので、明るい時に乗るのは初めて。開通時期が割と新しいので、高架橋とトンネルでガンガン突き進む線形。中村を出て再会した四万十川を橋で渡った後は、単調な風景で、ちょっと眠くなってきた。

宿毛駅では、地元の魚とか農産物とかを売っていた。

a0054016_10302049.jpg宿毛駅に到着。赤い方が帰りの624Dに運用されていました。

a0054016_10312253.jpg宿毛駅の外観

a0054016_1031561.jpg駅構内では魚とか売ってました。ハゲ安っ!




中村13:18→(南風20号)→13:53窪川(43.0km)

つい2時間ほど前に乗ったところをバック。行きの南風1号と同じおねいさん車掌だったので、検札の時、飛行機修行僧の方々がたまにCAさんにされるという「またお会いしましたね」的ご挨拶(いわゆる「いじられ」)をされたら恥ずかしいなあと勝手に思っていたけど、そのようなことは明示的にはなかった。



窪川14:37→(清流しまんと1号)→17:03宇和島(82.2km)

a0054016_1035946.jpg清流しまんと1号@窪川駅

この日は、普通のキハ54の後に貨車改造のトロッコがくっついていて、「清流しまんと1号」として運転。途中の土佐大正~江川崎は、トロッコに乗車可能で、列車自体もいつもよりゆっくり走ります。四万十川を楽しむためです。

a0054016_10365030.jpg貨車改造のトロッコ車両


四万十川、川それだけではそれほど「素晴らしい」って感じはしなかったのですが、周囲の山村風景や山並み、景色全体の規模(大きすぎず小さすぎず)などを併せると、やっぱり良い雰囲気。あ、トロッコは寒そうだったので、普通の車両に乗ってました、私。

a0054016_10374978.jpg四万十川を渡る。自分の乗っている車両の影が映っているのがなんかイイ。


トロッコ乗車区間は江川崎駅までで、ここから先は、トロッコはくっついているものの乗車はできません。車掌さんは「ここから先はスピードを上げて参ります」と放送されていましたが、この先の区間は古くからの開通区間のため線路の規格が悪く、結局あまりスピードは出ません。特に一番最後の務田~北宇和島は、急カーブ、急勾配(下り)が続き、ゆるりゆるりと走っていきます。

夕日を浴びながら終点宇和島着。



宇和島17:06→(宇和海20号)→18:28松山(96.9km)

a0054016_10395634.jpg宇和海20号@宇和島駅

宇和島からは、行程としては、徳島への「帰り」になります。

伊予吉田のあたりで宇和島湾に沈む夕日を見たあとは、闇。お客さんは最後まで少なめでした。でもこの列車の折り返しを松山駅で待っていたお客さんの数は多かった模様。



松山18:44→(しおかぜ30号)→21:04児島(186.6km)

a0054016_10411445.jpg例によってガラガラのグリーン車におさまって1人宴会


松山から東の予讃線沿線は、適当に街が散らばっているので、夜中でも車窓には灯りが見えます。乗客も徐々に増えて行っている感じ。

児島で無事下車できるよう、必死で眠気をおさえて乗ってました。



児島21:09→(マリンライナー63号)→21:40高松(44km)

一旦本州にタッチして、ほんですぐに四国に舞い戻ります。さっき渡った瀬戸大橋をまた渡って。。。

マリンライナーも割と良く乗っているほうだけど、グリーン車は初めて。2階建て車両のせいか、ちょっと狭苦しいですね。

a0054016_10432587.jpgマリンライナーのグリーン車

a0054016_10434016.jpg高松駅に到着




高松22:20→(うずしお29号)→23:28徳島(74.5km)

寝てますた。

明日は今日ほど乗りません。
[PR]
by teteg | 2007-11-10 10:11 | 鉄っぽいお出かけ | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://teteg.exblog.jp/tb/6423744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぶらり四国八十八ヶ所霊場.. at 2007-11-11 11:05
タイトル : 第2拝、23日目スタートです。
第2拝、23日目スタートです。  週間天気予報を注意して見つつ。  「この日」と... more
Commented by ろん at 2007-11-10 22:41 x
 甥っ子が鉄っちゃんに育ちつつあり、猛勉強中につき、
鉄子の旅を看破!!
 鉄分サプリのコーナーがなかなか・・・・。
Commented by 両眼微笑(^_^) at 2007-11-11 11:03 x
 紹介ありがとうございます。
 ブログ「ぶらり四国八十八ヶ所霊場めぐり」の両眼微笑(^_^)と申します。

 徳島06:52(剣山1号)と阿波池田08:26(南風1号)で同じ行程だったようです。わたしは後免駅で下車しましたが…。
 自分の姿が、他の方のブログで登場したので感動しました。こう言うことってあるんですねぇ。
 そう言えば、わたしは剣山1号を写真に納めたとき、先に撮ってる方がいたように記憶します。
 その方だったのですね?

 よろしければ、相互トラックバックお願いします。
 こちらからは連投になって申し訳ありません。

 今後ともどうかよろしくお願いします。
Commented by teteg at 2007-11-13 21:45
ろん 様
そうですか、「鉄子の旅」を看破ですか!でもホンマモンの鉄ヲタはもっと濃ゆいですよ、多分(w
Commented by teteg at 2007-11-13 21:46
両眼微笑 様
>そう言えば、わたしは剣山1号を写真に納めたとき、先に撮ってる方がいたように記憶します。その方だったのですね?

多分そうです(^^ゞ
今後ともよろしくお願い致します。