鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡った記録です。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。
以前の記事
検索
九州・四国おたく旅その2-鹿児島市電【1997年10月】
1997年10月の九州・四国おたく旅の記録です
鹿児島市電に初めて乗りましたです。



JR鹿児島駅で下車。JR鹿児島駅は、何となくもの寂しいところで、降りた瞬間「あれれ」と思いましたが、ちゃんと鹿児島市電のターミナルがありました。
鹿児島市電は現在2つの系統があり、1つは鹿児島駅前~天文館通~高見馬場~交通局前~郡元~谷山の「1系統」、もう1つは高見馬場までいっしょで西鹿児島駅前を経由して郡元まで行く「2系統」です。「先発」表示のあった1系統に乗車。ゴトゴトと走り出します。車内放送では、ずーっと沿線商店等のCMが流れています。
とりあえず乗り継ぎ指定電停の郡元まで乗車。「乗り継ぎ!!」と宣言して160円を払うと、(この場合は)2系統への乗り継ぎ券を渡されます。乗り継ぎ券の有効区間は郡元の次の駅の中郡から1系統と合流する高見馬場の1つ手前の鍛冶屋町までだったので、いったん鍛冶屋町で下車。高見馬場まで歩き、再び2系統の、今度は郡元行きに乗車します。この車両、「JR九州」の製造銘板がくっついていました。でも特に奇抜なデザインではありませんでした。
郡元でまたまた乗り継ぎ券をもらって1系統で更に南下。郡元のちょっと南で路面区間から専用軌道区間に入り、スピードを増して、やがて谷山着。市電の谷山電停からJR谷山駅までは、300mほどの距離がありました。
[PR]
by teteg | 2005-10-29 17:35 | 鉄道おたく旅