鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡った記録です。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。
以前の記事
検索
スカイレール【1999年1月】
1999年1月のおたく旅の記録です
広島県は瀬野にあるスカイレールに乗ってきました。
a0054016_12444872.jpg

スカイレールとは基本的に懸垂式のモノレールですが、例えば同じ懸垂式のモノレールである千葉都市モノレールとは駆動方法が違います。スカイレールの場合、駅間はレールに併設された動いているワイヤを掴んで走り、この点ではロープウエイと同じです。駅への到着と出発時は、ロープウエイの場合はホームの下の方にあるタイヤのようなもので減速・加速しますが、スカイレールの場合はリニア誘導モーターでこれを行います。車体の大きさはまさにロープウエイくらい。シートは8人分あり、定員は25人だそうです。



スカイレールの駅はJR瀬野駅の橋上駅舎と直接繋がっていて乗換は便利でした。スカイレールの方の駅名は「みどり口」駅。この時間帯は10分に1本の運転です。

a0054016_12403594.jpg
← スカイレールみどり口駅


切符を買ってホームに上がるとそこに停まっていたのはほとんどロープウエイのゴンドラ。座席定員は8名で立席も含めた定員も25名と小さな車体です。そのため、乗車の際にはバランス良く乗るようにとのお願いもかいてあります。乗客は私1人でしたが、狭い車内であちこち観察したりして動き回っているうちに、発車時刻直前にスカイレールの職員の方が1名乗ってこられました。

a0054016_12421996.jpg
← スカイレールの車両


発車後は、山の斜面に広がっている分譲地(まだほとんど家は建っていませんでした)へ向かって、なかなかの加速度でごんごん坂を上っていきます。懸垂式なので足下にはなにもなく、見晴らしは最高です。地上には分譲地の間を九十九折りで走っている車道と、ほぼまっすぐ登って(降りて)行く階段が見えました。下りはともかく、あの階段を上るのはなかなかしんどいものがあるでしょう。唯一の途中駅「みどり中街」で職員さんが下車し、終点の「みどり中央」まで行ったのは私だけ。ほとんど何もない駅周辺をうろついたあと、下り便で瀬野駅まで戻りました。

a0054016_12435814.jpg
← スカイレールみどり中央駅
[PR]
by teteg | 2005-11-11 12:39 | 鉄道おたく旅