鉄道おたく旅
teteg.exblog.jp

鉄道に乗るだけの旅や鉄道を使った旅や鉄道に関係ない旅や小ネタなど
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
 ↑ カテゴリの解説
鉄道おたく旅 は、私が乗ったことのない国内の路線に初めて乗った時の記録です。→目次
鉄っぽいお出かけ は、鉄道のにおいが激しいお出かけの記録です。
鉄のないお出かけ は、鉄道のにおいが(それほど)しないお出かけの記録です。
八十八カ所を歩く は、運動不足解消のため四国霊場八十八カ所を適当に歩いて巡った記録です。→目次
小ネタ は、その名のとおり、なんでもありの小ネタです。
以前の記事
検索
砂の美術館
鳥取砂丘の近くには「砂の美術館」という施設があります。先日行ってきました。大きな「砂」による造形物が複数展示されていましたが,その中でこの作品なんですが。。。

a0054016_14043524.jpg
右手前の女の子を,上の方の窓から,大男が覗いています。不気味な雰囲気です。事案になるかも知れません。

a0054016_14044373.jpg
と思ったら,実は覗いていたのは,女の子でした。「女の子がお人形さん遊びをしている」的なコンセプトの作品でした。

[PR]
# by teteg | 2018-10-29 20:08 | 小ネタ
倉吉線廃線跡散策
2018年10月27日(土)に,鳥取に行く用事ができたので,そのついでに倉吉線廃線跡を見てきました。泰久寺駅(跡)周辺は,線路が残っていて,散策することもできます。途中小雨がぱらついたりもしましたが,それもまたよい感じでした。
a0054016_14223275.jpg
a0054016_14223884.jpg
a0054016_14224411.jpg

[PR]
# by teteg | 2018-10-29 20:07 | 鉄っぽいお出かけ
MD鳥取
2018年10月27日(土),イングレスのイベント「MD鳥取」に行ってきました。

10時30分頃に鳥取市中心部に到着。まずは,鳥取市街地に設定された以下のミッションを,この順にこなしました。

  • MDTTR07:鳥取駅北側散策
  • MDTTR08:ふるさとの歌の道とわらべ館
  • MDTTR09:鳥取城お堀端を歩く
  • MDTTR10:鳥取城跡
  • MDTTR11:しゃんしゃん祭
  • MDTTR12:鳥取温泉を巡る

MDTTR10の途中で,ルートに迷い,石段を何度か無駄に昇り降りしてしまった以外は,特に問題なっしんぐでした。

その後,いったんMDTTRシリーズをはなれ,「砂の中で生活していません(18連)」を開始します。このミッションは,17番目までが鳥取市街地,18番目だけ鳥取砂丘にルートが設定されており,今回のMD鳥取のミッション設定場所(鳥取市街地及び鳥取砂丘)と一致しています。というわけで,ちょうどよいミッションです。
このミッションも,特に難しいことはなく,17番目まで快調に消化。時刻は14時30分頃になっていました。

a0054016_14302220.jpg
a0054016_14302630.jpg

続いて鳥取砂丘エリアに移動。
15時前に受付会場に行き,チェックインの手続きをしたあと,砂丘に乗り込むために,
  • 長靴に履き替える
  • スマホを雨天用の袋(去年の秋のアノマリー大阪のために買った)に入れる
  • 頭にタオルをかぶる(帽子のかわり)
などの準備をして,「砂の中で生活していません」の18番目を開始。

今まで鳥取砂丘に来たことがなかったので,初めての砂丘体験です。
砂丘に入って,10歩ほど歩いて,思いました。
「私,砂丘をなめてました」
砂丘を歩くのはとてもハードです。ちょっとでものぼり傾斜があると,抜群にしんどくなります。
「砂の中で生活していません」の18番目をクリアした段階で,心が折れ始めましたが,なんとかかんとか
  • MDTTR01:鳥取砂丘~オアシス
  • MDTTR02:鳥取砂丘~馬の背を越えて
  • MDTTR03:鳥取砂丘~縦断してみよう
  • MDTTR04:鳥取砂丘~砂防林
  • MDTTR05:鳥取砂丘~追後スリバチ
  • MDTTR06:多鯰ヶ池
の6個のミッションをやりとげ(行く前は,砂丘に設定された通常ミッションをあと6連×2セットするつもりだったことは内緒),計12個のMD鳥取ミッションをコンプリートできました
長靴をはいたのに,なぜか靴の中に砂が入っていました。砂丘おそるべし。
a0054016_14320082.jpg
その後,砂の美術館を観光し,再度鳥取市街地に戻りました。
a0054016_14334917.jpg


鳥取市街地に戻ってから,まだ帰るには少々はやいので(道路が混んでいそう),「冥界の神アヌビス(18連)」をやって,19時30分頃に鳥取をあとにしました。
この1日でUPCは240くらい,UPVは150くらい,UMCは48増加し,だいたい30km弱歩きました。
a0054016_14345376.jpg

【おまけ】
鳥取駅前の「麒麟獅子像」
a0054016_14351798.jpg
うしろから見ると人間味あふるる
a0054016_14353053.jpg


[PR]
# by teteg | 2018-10-29 20:07 | 鉄のないお出かけ
紅葉【2017年11月】
この時期には、ほぼ毎年紅葉を見に行っています。場所もほぼ固定。
まずは阿波市市場町境目のイチョウ。
a0054016_14032099.jpg

で、その次は大窪寺。やはり混雑しいてました。
大窪寺にいたる国道377号線の東行きは、大窪寺入り口を先頭に2~3kmほど渋滞していました。いつものことですが、私は東側からアプローチするので、渋滞知らずです。
a0054016_14033446.jpg
a0054016_14032702.jpg

[PR]
# by teteg | 2017-11-26 14:09 | 鉄のないお出かけ
可部線 延伸区間【2017年4月】
2017年3月4日、JR可部線の 可部~あき亀山 間が延伸開業しました。この開業は「日本で初めての、『いったん廃止されたJR路線の復活』」ということで注目を浴びたりもしました。
開業約1ヵ月後の4月1日に乗ってきました。


a0054016_19592018.jpg「乗ってきた」と言っても、延伸部分は約1.6kmなので、可部を出てちょっと走ったら終点「あき亀山」に到着。
駅自体は1面2線ですが、留置線も2本あり、思ったよりも広い印象。

a0054016_19591421.jpg駅前にあった「碑」(? なんて呼べば良いのでしょう)。
亀さんがかわいい。
さらによく見ればさりげなく配線図。

a0054016_1959949.jpgあき亀山駅からちょっと歩いたところには、旧可部線河戸駅の施設が移転されてきています。

a0054016_1959367.jpg時間があったので、隣駅の「河戸帆待川」駅までお散歩。
この駅にも「碑」が。

a0054016_1958577.jpg小さな駅前広場には帆船のオブジェが。
なぜこんな内陸部に帆船が、と思われた方は、「帆待川」で検索してみてください。ちょっとだけびっくりすると思います。

[PR]
# by teteg | 2017-04-02 20:02 | 鉄道おたく旅
新年明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。
昨年末は、3順目の遍路歩きをどうにか2016年中に終了させようと思い、少々無理をしたかも知れません。そのせいで、大晦日の午後から熱を出してしまいました。発熱したのはすごく久しぶりでした。
安静にしていたのですが、いつまでたっても熱が下がらなかった(39度くらいだった)ので、ロキソニンのお世話になりました。日頃薬を飲まないせいか、効果抜群で、あっというまに平熱まで戻りました。
1月1日は、近所の神社に初詣に行き(おみくじ大吉でした!)、まったりとすごしています。
健康に気をつけて、1年を過ごしたいと思います。
[PR]
# by teteg | 2017-01-01 16:23 | 小ネタ
3巡目(逆打ち/2016/12/31_02):一番霊山寺
極楽寺からしばし歩いて、一番札所霊山寺に到着。
a0054016_14582133.jpg

a0054016_14581983.jpg



境内では、除夜と迎春の準備が行われていました。
a0054016_1458157.jpg

a0054016_14581273.jpg



これで、3巡目も終了。
最後のほうでちょっと急いだのは、申年の閏年中に、逆打ちを終了させたかったため(大変なご利益があると言われています)。もっとも、スタートしたのが2009年11月なので、申年も閏年も、あんまり関係がないといえばその通りなのですが。
やっぱり徐々に体力の衰えを感じた3順目逆うちおへんろでした。
[PR]
# by teteg | 2016-12-31 14:59 | 八十八カ所を歩く
3巡目(逆打ち/2016/12/31_01):三番金泉寺、二番極楽寺
昨日の脚の痛みも癒えないのに(というかより悪化している感じなのに)連荘でおへんろ。すごく良い天気で、階段を下る時以外は幸せな気持ちでした。

【三番金泉寺】
a0054016_14331829.jpg

a0054016_14331496.jpg


【二番極楽寺】
a0054016_14331050.jpg

a0054016_1433735.jpg

[PR]
# by teteg | 2016-12-31 14:34 | 八十八カ所を歩く
3巡目(逆打ち/2016/12/30_03):十一番藤井寺
柳水庵から先の道も、アップダウンがそれほどないので、快調に進んで行きます。こんな写真を撮る余裕があるくらい。
a0054016_14142521.jpg



やがて長戸庵に到着。順うちの場合、藤井寺から始まった急勾配がいったん終了し、ちょっと一休みとなるポイント。
a0054016_14142253.jpg



藤井寺まであと3kmあまり。あとはひたすら標高を下げていくのみ。
はじめは快調に進んでいたのですが、急な下りがずっと続くようになってから、脚ガクガク再び、です。「いつまで続くんや、この下りは」と何十回も思った頃、ようやく藤井寺の境内に到着しました。(写真は藤井寺にあるへんろころがしの入り口)
a0054016_14141945.jpg



ここまで、足をくじいたり、膝を痛めたりすることなく、無事到着できたことを感謝です。
a0054016_14141362.jpg

[PR]
# by teteg | 2016-12-31 14:16 | 八十八カ所を歩く
3巡目(逆打ち/2016/12/30_02):へんろころがし
というわけで、見晴らしの良い焼山寺を出発し、藤井寺に向かいます。
a0054016_1441722.jpg



順うちで来た場合、藤井寺からのアップダウンを繰り返し、いったん標高750mの一本杉庵まで登らされた後、標高400mの左右内の集落まで位置エネルギーを無駄遣いさせられ、最後の焼山寺までの登りが、いままでなかったような急勾配&悪路という、とんでもないルートとなっています。
今回は逆うちなので、焼山寺から左右内までの急坂は「下り」になり、余裕余裕とか思っていたのですが、長い下り坂は脚へのダメージが大きく、左右内まで降りた段階で、脚ガクガクでした。
その次に待っているのは、急な登り。途中で太ももやふくらはぎが超だる痛くなって、亀さんのようなスピードで進んで行きます。
やがて傾斜が緩くなったなと思ったら、一本杉庵が見えてきました。ここがへんろころがしの最高地点となります。
a0054016_144157.jpg



一本杉庵からは、アップダウンが比較的緩やかな下り基調の道が続き、なんなく柳水庵に到着。(写真は柳水庵近くにあるへんろ小屋の水場)。後の行程もだいたい下りなので、まあいけるんちゃうか、みたいな感じ。
a0054016_1441286.jpg

[PR]
# by teteg | 2016-12-31 14:05 | 八十八カ所を歩く